IMG_1066.JPG

Pilot Training

​熱気球パイロットになろう!

日本の熱気球パイロットに国家資格はありませんが、日本気球連盟が認定する「熱気球操縦士技能証」という制度があり、このライセンスを取得すれば、ご自身で熱気球を操縦し大空を自由に飛ぶことができます。

PUKAPUKAでは、短期集中型パイロット養成コースをご準備しておりますので、​ライセンス取得にご興味のある方はお気軽にお問合せください!

熱気球パイロットになるには?

check_woman_02_mono.png

日本気球連盟に加入し、Pu/t (Pilot under training)として

「熱気球操縦技能証明認定制度」に定められた審査基準をクリアする必要があります。

まずは、トレーニング開始からライセンスの申請までの流れを簡単にご説明します。

トレーニング開始の2週間までに以下の手続きを完了させてください​

  • 日本気球連盟入会(¥4,000)

  • Pu/t 登録(¥9,000)

いよいよ、トレーニング開始となります!

​インストラクター同乗でのフライトトレーニングを行いながら、Pu/t講習会の受講や筆記試験の受験も並行して進めていきます。

Pu/t講習会

10回10時間以上の

フライトトレーニング

​筆記試験

STEP2がすべて完了したら、インストラクター立ち合いのもと、ご自身のみで単独訓練飛行(ソロフライト)を実施します。

このソロフライトでインストラクターから推薦をもらえれば、STEP4へと進むことができます!

熱気球パイロット

いよいよ、実技試験です!

連盟の定めるイグザミナー立ち会いのもと、これまでのトレーニングで学んだ知識・技能をチェックして頂きます。(試験料:¥5,000)

この試験に合格すれば、遂に熱気球パイロットです!

熱気球パイロット

​STEP4で実技試験に合格したら、各種書類を準備して、「熱気球操縦士技能証明書」を日本気球連盟に申請します。​(新規登録料:¥20,000)

ライセンス取得までどれくらいの期間が必要?

check_woman_02_mono.png

短期集中型では、飛べる日は毎日トレーニング!という形で進めます。

天候次第となりますので1カ月程度とお考え頂ければと思います。

サポート内容について

counton_suit_man_mono.png

熱気球が初めての方も、ご自身の機材をお持ちでなくても、ご安心ください!

機材レンタルや宿泊場所の斡旋まで、トータルサポート致します。

元世界チャンピオンでもある雄大が、持てる知識・技術をインストラクターとしてお伝えします!

そして地上クルーとして華菜子がしっかりとサポート致します。​

熱気球パイロット

料金について

check_woman_02_mono.png

基本となるパッケージプランをご用意しておりますが、お客様のご要望に合わせたプランを検討致します。

詳しくはお問い合わせください。